ロイヤルエンフィールド-Royal Enfield Official Site

ROYAL ENFIELD:HOME
HOME CONTACT US ROYALENFIELDCOM
motorcycle
accesories
about Royal Enfield
ディーラーリスト
カタログ請求
スペック・カラー
Continental GT

Royal Enfield ”Continental GT”が登場した。
ロイヤルエンフィールドのモーターサイクルの中で、最高の軽さ、最高の速度、最高のパワーを誇る、正真正銘のカフェレーサーだ。ツイン・ダウンチューブ・クレードルフレームシャーシを初採用、路面をしっかり捉えて離さず安定したコーナーリングが楽しめる。路面へのサポートを増強する、ピレリのSports Demonタイヤ。総排気量535cc、必要に応じトルクを一気に上げる新エンジン。操縦性を高める、パイオリのガス封入式リヤショックアブソーバーとブレンボのディスクブレーキ。オーセンティックなクリップオンハンドルバー、クラシックなレーサーシルエット、そしてエアロダイナミックなシッティングポジション。−それはカフェレーサーの伝統に敬意を示す、現代のデザインだ。オマージュでもあり、エンジニアリングの集大成でもある、最新モデルのContinental GT。ピュアなモーターサイクリングを表現したロイヤルエンフィールドの最高傑作が、新たに生まれた。

エンジン タンク

パワフルな535cc単気筒エンジン

新設計のオールアルミユニットエンジン。87×90のボアストローク、29.1bhp(21.4kw)のパワフルなエンジンでありながらトルクフルなシングルのフィーリングは健在だ。シリンダー形状やREのロゴが刻印された腰下のケース形状など、クラシカルテイスト溢れたエンジンは眺めていても飽きがこない。

カフェレーサーの証、ロングタンク

カフェレーサーのスタイリングを決めるフューエルタンクは定番のロングタンク。スッと伸びたシルエットと美しい塗装が所有欲を引き立てる。タンク上面にはコンチネンタルGTのロゴデカールが貼られている。

シングルシート ダブルシート

スタイリッシュなシングルシート

カフェレーサーのもう一つのアイコンであるスタイリッシュなシングルシート。シート後部のテールカウルはタンクと同色。小ぶりな座面には赤いステッチが施されワンポイントとなっている。

2シーターキット(オプション)

スタイリングをこわさない2シーターキットをオプションで用意。ダブルシート、テールカウル、ピリオンステップのセットです。
(構造変更が必要となる場合があります。)

¥32,400(税込)



車輌詳細コンチネンタルGTの車体を観察してみよう。1965年に発売された旧コンチネンタルGT(250)を髣髴とさせるシルエットをしている。ハリスパフォーマンス社によって設計されたダブルクレードルフレーム、ピレリ社製のスポーツデーモンタイヤ、パイオリ社製のリザーブタンク付きアジャスタブルガスショック、ブレンボ社製ディスクブレーキ等の走りを追求したパーツをおごられている。くっきりとクビレが強調され直立する単気筒エンジンは、他の現行シングルエンジンにはない優美さが感じられる。旧型のエンジン形状を意識したケース形状もエンジンの美しさを引き立てるポイントだ。 

車輌詳細乗り心地をカフェレーサーのスタイリングの要である、セパレートハンドル、ロングタンク、シングルシート、バックステップ。これらのパーツが作り出すポジションは見た目ほどスパルタンではなく、ロングツーリングも十分こなせる。
カタログ上のシート高は800mm。エンジン始動はセルスターター式のため、あっけなくかかり、心配する必要はない。前後18インチのホイルとハリスフレームが生み出す操縦性は軽快でワインディングなどでも思いのほか良く走る。ニュートラルなハンドリングで、初心者でも苦労することはないだろう。





ロイヤルエンフィールドコンチネンタルGTに関するお問合わせはお近くのディーラーまたは輸入元のウイングフットまでお願いいたします。