ロイヤルエンフィールド日本語公式サイト

HISTORY

歴史

ロイヤルエンフィールド社は世界で最も古いオートバイメーカーであり、中でもBULLET(ブリット)は世界でもっとも長い間生産されているモデルです。

ロイヤルエンフィールド社のもとになったのは19世紀半ば、イングランド南西部のウスターシャ州レディッチにあったミシン針や機械部品の製造会社「ジョージ・タウンゼントアンドカンパニー」です。1892年にザ・エンフィールドという商標の自転車の製造販売を始めました。名称の由来は、業務提携を結んでいたロイヤル・スモール・アームズ・ファクトリーの工場があった地名”エンフィールド”からです。やがてこの会社の自転車製造部門が独立し、1897年に「エンフィールドサイクルカンパニー」として業務を開始しました。

First Model(1901)1901年にはフランスのデザイナーに設計を依頼した最初のオートバイを製作。1910年に入るとスイスのMAG製Vツイン搭載車を生産。そして自社製エンジンを搭載した第1号車を、1912年にモデル160として発売し、オートバイメーカーとしてのポジションを確立しました。
1914年には初の225ccの2サイクル単気筒車を発売。1916年には2サイクル3気筒のプロトタイプを製作するなど意欲的な活動を見せていきます。

1924年には最初の4サイクル単気筒350cc車を発売します。当初はJAPエンジンでしたがすぐに独自設計の350ccサイドバルブ及びOHVエンジンに置き換えられました。1927年までにロイヤルエンフィールド社は488ccエンジン・4速ギアボックス車を開発し、そして1931年には現代のロイヤルエンフィールドモーターサイクルのルーツである350cc、4サイクル車を発表しました。この車体は発売の翌年、1932年には「ブリット(Bullet)」と名づけられました。Bullet350(1938)

1936年 4バルブヘッドを持つ「JF」モデルを発表、1939年には、570ccのモデルHが発売されました。

第二次大戦中にはロイヤルエンフィールド社も例に違わず軍用車両を生産しています。

1947年、ロイヤルエンフィールド社はテレスコピックフォークを備えたJ2モデルを発表します。Model J2(1947)
翌1948年にはトライアンフのスピードツインに対抗して500ccツインを発売。そして1949年に新型ブリットを発表します。ロイヤルエンフィールド社は量産車として世界に先駆けてこれらのモデルにスイングアーム・リアサスペンションを搭載しました。

Bullet350(1955~56)1955年にはイギリスの新工場で新型ブリットの生産が開始されました。1956年から1960年の間、様々なバリエーションのブリットが発表されましたがこれらのバリエーションのエンジンは、ボアサイズを除いて基本的に同一。シート、計器類、マフラー、ハンドルやタンクの違いなどによって区別されていました。また細かなマイナーチェンジが繰り返されて現在私たちが見慣れているブリットの形が出来上がっていきました。

またこの頃、ロイヤルエンフィールド社はアメリカ市場の開拓のため、有名な「インディアン(Indian)」ブランドを使い、各モデルを発売しました。ブリットもフューリー(Fury)やウッズマン(Woodsman)の名前で発売されましたが売れ行きは今ひとつでした。

Continental GT(1965)その後1962年には会社は身売りされ、英国内でのブリットの生産は終了しますが、他のモデルは継続生産されました。当時の流行であったカフェレーサーをモチーフとした250cc「コンチネンタルGT(Continental GT)」が発表されたのもこの頃です。また「インターセプター(Inter ceptor)」に代表されるパラレルツインモデルは736ccにまで排気量を拡大されて販売を続けられます。しかし、どのモデルも高性能で安価な日本車に押されて販売は伸び悩みました。

1970年末、ロイヤルエンフィールド社は倒産し、残っていた全てのインターセプター・エンジンはリックマンに売却されてカスタムバイクが造られました。

一方、インドでは1954年にサテライト工場を設立。そしてインドよりスタッフをイギリスへ派遣して生産について学ばせ、始めはイギリスから送られてきた部品をインドで組み立てるところから始まりましたが1956年にはマドラス(チェンナイ)に本格的な生産工場を建設。Bullet350(1979エンフィールドインディアとしてブリットの生産を本格的に開始し、1955年式ブリットを多少の改良を加えつつも同じスペックで半世紀以上に渡って作り続けて来たのです。

また、ロイヤルエンフィールド本社の倒産後は需要をみたすため、ブリットはインドよりイギリスへ輸出されるようになりました。

Buleet350(2003)1995年にはエイカーグループの資本が入り「ROYAL ENFIELD」の商標を獲得し、ENFIELD INDIAからROYAL ENFIELDへ社名変更します。それからは生産ラインの見直しに始まり品質の向上など劇的な改善が図られました。

そして2008年、ロイヤルエンフィールド社は新設計のユニットコンストラクションエンジン(UCE)を搭載したELCTRA 500EFI (E5)発表、市場に投入しました。旧来の84mm×90mmのボアストロークを維持しビッグシングルの乗り味はそのままにミッションの一体化による騒音減、アルミシリンダー、電子制御インジェクション、キャタライザーを採用しヨーロッパの排出ガス規制EURO3に対応するなど世界的な環境基準をクリアしました。

また、2009年には市場のニーズに的確に対応したクラシックスタイルを持つ、CLASSIC 500EFI(C5)を発表。これからも伝説とともにロイヤルエンフィールドは生き続けていきます。

ロイヤルエンフィールド輸入元ウイングフット TEL 03-3897-7255 営業時間 10:00~18:00(月曜定休)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © WINGFOOT All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.